カンジダに感染してしまう原因

 

カンジダは性病だと思い込んでいる方が意外と多いのですが、カンジダは性病とは関係ありません。

 

性器に症状が現れるため性感染症だと思われがちですが、カンジダ菌は誰の体にも存在する菌。そのため性感染だけで発症するわけではありません。ではなぜ、カンジダ膣炎は膣や外陰部に感染してしまうのでしょうか。

健康体である女性の膣内は酸性です。しかし、免疫力の低下やストレスの影響などにより膣内がアルカリ性に変化してしまうことがあるのです。カンジダ菌はアルカリ性の環境を好むため、膣内がアルカリ性になってしまうとカンジダ膣炎を発症しやすくなるのです。

 

カンジタクリアー

 

カンジダは自宅で治すこともできます

 

カンジダ膣炎を発症した場合には、病院で治療を行うのが一般的です。 日本国内にはカンジダ膣炎を治療する市販薬は販売されていません。 「フェミニーナ軟膏」という有名な軟膏がありますが、これは外陰部のかゆみなどを抑える治療薬です。カンジダ膣炎を治療する薬ではありません。

 

カンジダ膣炎専用の治療薬は病院でしか手にすることができませんので、病院で処方箋をもらうことが必須となります。 しかし中には、通院する時間がない方、また金銭面で病院に行けない方、患部を見せることに抵抗がある方なども多く存在します。

 

これらの方から今注目を集めている薬が、アメリカでも一般的に使用されている「モニスタット」です。病院へ行けない、または行きたくない、でもすぐにカンジダ膣炎を治したい。そんな方にピッタリのお薬なのです。

モニスタットは3日用と7日用の二種類が販売されています。 この中でも特に支持されているのが7日用です。3日用のモニスタットはすぐに症状を改善させるため薬の刺激が強く、副作用の危険も高いという印象を持たれているようです。

そのため副作用が不安だという方が7日用のモニスタットを購入する傾向にあります。 場所が場所なだけにあまりに刺激の強いお薬は避けたい、そう考えている女性が多いのです。

モニスタット7日間用

 

カンジダを再発させないで自然治癒する

 

カンジダは一度症状が治まってもまた再発してしまう可能性があります。 そんな再発を抑えるために使用されているのが「カンジタクリアスーパー」です。 このカンジダクリアスーパーはお薬ではなくサプリメント。

 

カンジダクリアスーパーには様々な天然成分が配合されています。

オレガノやパウダルコ、ブラックウォールナッツなどのハーブや、ビオチンやカプリル酸も配合。そして腸内をキレイにし体の免疫を上げながら、カンジダが再発しないよう体内環境を整えていきます。
オレガノ、パウダルコ、ブラックウォールの3種類の主原料は、カンジダ膣炎に感染するのを阻止する力が高いハーブで知られています。

 

カンジダ膣炎が再発しないようにするためには、膣内を健康な状態の酸性に保っておく必要があります。薬で一時的に改善させることはできますが、再び膣内がアルカリ性になるとカンジダ膣炎は繁殖を繰り返します。
生活習慣を正す、バランスの悪い食事を避けるなどの心がけも大切ですが、カンジダクリアスーパーで膣内がアルカリ性に傾かないように体質を変えることも大事なのです。

 

そしてカンジダ膣炎の再発を防ぐサプリメントはカンジダクリアスーパーだけではありません。 「フェミプロバイオ」というサプリメントも人気を集めています。

 

このフェミプロバイオというサプリメントには、膣の中に存在しているデーデルライン桿菌が配合されています。そのため膣内を健康的な状態に保ちやすくしてくれる効果があるのです。

 

カンジダクリアスーパーとフェミプロバイオを併用することでカンジダ膣炎の再発をより効果的に防ぐこともできます。

 

女性であれば誰でも、いつ発症してもおかしくない「カンジダ膣炎」。 正しい治療法や予防法の知識をしっかりと身に付け、カンジダ膣炎に負けない体を維持していきましょう。

 

自宅でできるカンジタの治療方法

カンジタクリアー